WORKSIGHT O+A

 
発売日 2019年7月25日
納品先 コクヨ株式会社
媒体種 雑誌
納品物 編集協力
協 力 デザイン(ブートレグ)、編集(宮本裕生)、原稿(東雄介)、撮影(皆川聡)、取材コーディネート・通訳(佐久間裕美子、長谷川安曇)、印刷・製本(太陽印刷工業)、校正(滄流社)、翻訳(リース恵実、リース直美)、英文校正(リース直美)
 
コクヨの企業メディア「WORKSIGHT」冊子版の特別号です。Facebook社からUber、Nike、McDonaldまで、シリコンバレーを中心に世界中の名だたる企業のオフィスデザインを手掛けた設計事務所Studio O+A。一冊まるごと彼らの作品・設計思想・哲学を紹介、これからあるべきワークスタイルについて検証しています。ブリッジワークスは編集パートナーとして媒体の制作から納品まで全工程で関わっています。
 
 
目次:
Studio O+Aが生んだワークプレイス新時代
Case1 McDonald’s[マクドナルド]/ブランドを未来に導く「ネクスト・イグジット」
Case2 Slack[スラック]/美しい自然への愛を表現した「パシフィック・クレスト・トレイル」
Case3 Blend[ブレンド]/洗練されたビジネス・テイストに家のような温もりを
Case4 Cambridge Associates[ケンブリッジ・アソシエイツ]/オープンなオフィスでこそチームワークは加速する
Case5 Microsoft[マイクロソフト]/トレンドの変化を見極めクリエイティブに対応する場
Case6 Abaca[アバカ]/若き技術者のライフスタイルを熟知したコリビング
Case7 Giant Pixel[ジャイアント・ピクセル]/「未来」を生み出し続けるスタートアップ・スタジオ
Case8 Alibaba Group[アリババ・グループ]/100年前の社交場がグローバル投資の拠点に
Case9 Food for Thought Truck[フード・フォー・ソート・トラック]/縦横無尽に駆け回るトラックはO+Aの「思考の糧」
FEATURE Studio O+A San Francisco Headquarters[Studio O+A サンフランシスコ本社]
Wrap-up 山下正太郎/Studio O+Aは世界のワークプレイスをどう変えたのか?

worksight O+A